<< 運動だけではスリムになれない! | main | 次々と発明されるダイエット法 >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.06.19 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ダイエット太りはなぜ起こるのか?

    0
      JUGEMテーマ:健康を維持する

      でも、ここに落とし穴かあります。摂取エネルギーを急激に減らすと、1〜2ヵ月は劇的な効果をあげますが、その後は体重が減らなくなるのです。そこで、安心してダイエット前の食事にもどしたら、みるみる太ってもとの状態になった。いや、さらに太ってしまったというのはよくある話です。これが「ダイエット太り」、あるいは「リバウンド」と呼ばれる現象です。

      なぜ、リバウンドは起こるのでしょう。摂取エネルギーを急激に減らすといった「過激なダイエット」では、脂肪だけでなく筋肉も一緒に落ちてしまいます。筋肉が落ちれば基礎代謝が下がるから、消費エネルギーも下がります。しかも、急激な体重減を、脳は生物として「命の危機」ととらえる。このため、脳は身体に命令して、食べ物のエネルギーを効率よく脂肪に変換して蓄えるように体質を変えてしまうのです。これを「適応」といいます。

      こうして脂肪がたまりやすい体質に変わったころ、ダイエットによるストレスでイライラが起こり、減食に嫌気がさしてきます。まさにこのとき、筋肉が落ち、基礎代謝が下がり、脂肪をため込みやすくなっている状態でダイエット前の食事にもどすのだから、体重は一気に回復するだけでなく、以前よりもさらに太ってしまうことになるのです。つまり、「過激なダイエット」は肥満を増加させるだけなのです。

      中年太りにならない方法
      中高年のアンチエイジング、太らない体づくりで健康な生活を送ろう

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.06.19 Thursday
        • -
        • 14:20
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク